ご縁のドア!?

もう10年ほど前になりますが、千葉県のN様からログハウスの木製玄関ドアの

ご依頼をいただき納品しておりました。

取り付けもして欲しいということで現場まで行き、その時一度だけN様とは

お会いしていましたが、ずっと年賀状のやり取りやラインをいただいたりして

ご縁が続いていました。

 

10月にそのN様から突然電話が入り、数日の前の台風の時にドアを壁に

激しくぶつけてしまい、縦框に大きな亀裂が入ってしまったとのこと。

補修するか、新たに作り直すか悩まれた結果、今までのドアは補修して

家の中で引き戸として使うことになり、新しくドアをお作りすることになりました。

 

N様のお宅はログハウス。

なんと勝手口がなく、新しいドアが付くまでは家族全員窓から出入りして

いるとか・・・

大急ぎで取り掛かり、壊れてから1ヶ月後にようやく新しいドアが取り付けに

なりました。

 

ご覧のようにとても大きいドアです。私の身長は175センチ・・・

この頃少し縮んだかもしれませんが、それにしてもログハウスにぴったりの

貫禄のあるドアです。

 

N様にはとても喜んで頂きました。

 

古いドアも捨てたくないと、わざわざこちらに送ってもらい補修して又

送り返します。

とても大事にしてくださっていて、本当にありがたく思います。

 

これからも又いいご縁、よろしくお願いします。

 

 

 


0 コメント

赤いドア

昨年納品した印象的な赤いドア。

 

お客様からお店をオープンしたとのご連絡と写真が送られてきました。

 

濃いグレーの壁に赤いドアがとてもマッチしていて、お互いを良く引き立てています。

コーヒー店で 「里・山・花」と書いて「りさんか」と読むかわいらしいお店です。

軽井沢の近くで、今はもう秋風がとても心地良い季節ということ。

いつか近くに行くことがあったら、ぜひ寄ってみたいと思っています。

 

こうやってわざわざ写真を送ってくださると本当に嬉しく思います。

 

一人ひとりのお客様の思いの一助になっていれば幸いです。

 

我が家も工房をオープンして早や23年目。

たくさんのお客様との出会いがありました。

 

これからも一人でも多くのお客様との ゛良い出会い゛ を続けていきたいと思います。


0 コメント

糸島の窯元木製玄関ドア

今年の5月に糸島の窯元Tさんからの注文で自宅用の木製玄関ドアを製作。

 

デザインはTさんのリクエストで”家族3人の個性を表現したもの”にしたいとの

 

ことでした。

 

それで、3本の丸棒に様々なデザインの丸い装飾ガラスを埋め込みました。

 

6月に建てつけも終わり、8月には外壁工事など全て終了。

 

昨日、撮影に行って来ました。

 

玄関の内外壁共に漆喰仕上げで、作りつけの棚には靴の収納と自作の陶器

 

やガラスの器などがディスプレイされ、イイ感じです・・・・・。

 

これから長い年月、T様邸の顔として活躍してくれる事でしょう。

 

 


0 コメント